社会福祉法人あらぐさ福祉会

トピックス

 

「風と光Ⅵ 織・吉村穰展」

ワークセンターあらぐさの吉村穰さんが、2年ぶり、6回目となる個展を東京で開催されます。 東京にお越しの際には是非お立ち寄り下さい。

 

日時  10月26日(水)~30日(日)
    12:00~19:00(日曜日は17:00まで)
会場  GALLERY HIPPO  東京都渋谷区神宮前2-21-15  

              TEL 03-3408-7091
              http://www.gallery-hippo.com

◆千駄ヶ谷駅より徒歩8分   ◆原宿駅より徒歩12分

◆ハチ公バス停「神宮前二丁目」バス停の目の前

V

 

【風と光Ⅵ】

拡大

 

ページ上部に戻る

 

みな様からご寄贈いただきました。

 2月、ムーンバット株式会社様(京都市)からビニール傘とサンバイザーを、3月、花珠様(あらぐさのお隣の花屋さん)より花鉢と花束を、三菱電機株式会社様(長岡京市)より空気清浄機をご寄贈いただきました。
 ビニール傘とサンバイザーは東京2020オリンピック・パラリンピックを記念し製造した東京2020公式ライセンス商品です。
 シクラメンと、春を告げる可愛いチューリップの花束です。
 空気清浄機は、「三菱電機SOCIO-ROOTS基金」によるご寄付です。
 コロナ禍が続く日々ですが、元気の出る嬉しい贈り物をありがとうございました。

 

ページ上部に戻る

 

豊かな表現と取りまく周辺との関わりあい
絵画展―「表現と周辺」―

「《ぺったん》と呼ばれる千切った紙を貼り重ねた平面・立体作品を制作」している後藤さんの作品。「色鉛筆やクレヨン、オイルパステルといった身近な画材を用いた絵画制作」の山口さんの作品。「漫画のような黒目が大きな女の子を描く一方、自宅ではモデルの個性を捉えた人物画や写実的な動植物」を描いた作品の数々が展示されています。作品だけでなく「作家の周辺の人々との関わり合い」も紹介しています。(「 」はパンフレットより)

(コロナ禍でなかなか外出がむずかしい日々が続きます。3月27日まで開催していますので、状況をみて足をお運びいただければ幸いです。)

 art space co-jin
℡ 050-1110-7655
(河原町通り荒神口バス停前)
1/18~3/27(月曜日休)

 

ページ上部に戻る

日用品(トイレットペーパー)の
ご寄付をいただきました! 

 日頃よりご支援ご協力いただいております、京都乙訓ロータリークラブ会長髙間信和様より、昨年11月にトイレットペーパー一式のご寄付をいただきました。
 昨年春には「コロナ禍で大変でしょうが、がんばって下さい。」とマスク一式をいただき、また今回は施設の生活に欠かせない日用品のご寄付をいただきました。
 あたたかいご支援に、心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

ページ上部に戻る

 公益法人JKA補助事業完了のお知らせ

拡大

 

ページ上部に戻る

 京都新聞社会福祉事業団助成事業
完了のお知らせ

拡大

 

ページ上部に戻る

「創17th(Re)~えがおの手しごと展」

 換気、消毒など感染防止対策を徹底しながら開催いたしました「手しごと展」に は、地域の方々、関係者、ご家族などご来場いただくことが出来ました。
 ホールいっぱいに並んだ製品、作品の展示風景をご覧下さい。

 

拡大 拡大 拡大

ページ上部に戻る

 

草木染め「のれん」ご紹介

 草木染め製品の「のれん」が、髙野竹工企画「映山紅にほふ 竹花入れ展」(4月、錦水亭竹生園にて開催)の玄関に飾られました。髙野竹工さんからご提供いただいた竹の葉で染めた「のれん」(写真)をご覧下さい。あらぐさでは草木染め製品のほか、色とりどりの製品を販売しています。

 

ページ上部に戻る

助成金でケアホームかざぐるまのトイレ増設!

 ケアホームかざぐるまでは、一軒屋で男性4人が支援員や世話人さん達と共に、自立生活をしています。
 この8月、公益財団法人あすなろ福祉財団様から助成金をいただけることとなり、ケアホームかざぐるまのトイレ増設工事を実施することができました。
 これまで、1つのトイレしかありませんでしたが、2つ目の新たなトイレが増設できたことで、より快適なホーム生活が送れるようになっています。
 工事にあたり、公益財団法人あすなろ福祉財団様をはじめ、関係者の皆様に心より感謝を申し上げます。
 誠にありがとうございました。

 

ページ上部に戻る

 “あらぐさデザイン”の ハンドクリームをいただきました!!

拡大

 

社会福祉法人あらぐさ福祉会 新事業計画

 令和元年6月16日に、「新事業計画」が策定されました。
 社会福祉法人あらぐさ福祉会は、平成17年に障害福祉センターを開設、平成21年から平成27年にわたり「中長期事業計画」を策定・実施してきました。その事業計画に基づき、サポートセンターあらぐさ(居宅介護等事業)、相談支援センターみちくさ(指定特定相談支援事業)、ケアホームいろどり(共同生活援助事業)、ショートステイいろどり(短期入所事業)を開設・展開してきました。
 今回の「新事業計画」は、三年計画で法人理念と各事業の発展をめざし、利用者家族の実態と要望を受け、地域で暮らし続けるために、法人として何ができるか、その土台(実践力、組織力)をつくることを中心としています。同時に現存する「短期入所事業」「緊急対応」「居宅介護等事業」の充実(数値目標の設定と実行)を図るものです。

 

「社会福祉法人あらぐさ福祉会 新事業計画」全文はコチラ pdfファイル

 

令和元年6月16日策定  

 

ページ上部に戻る